即実践につながる少人数・実技重視 - 短期集中3ヶ月の日本語教師養成講座

短期集中 3ヶ月 日本語教師養成講座



短期集中・3ヶ月 日本語教師養成講座・即実践につながる少人数・実技重視講座

ポイント1 日本語教師の資格が取得出来ますか。

法務省が定める日本語教育機関の教員の資格の資格条件に、学歴又は経験要件に加え、420時間以上の日本語教育に関する研修の受講が挙げられています。しかし、海外で開講されている日本語教師養成講座、あるいは国内における短期講座の中には資格として認められない講座もあります。よく注意をしてください。

ポイント2 修了後すぐに教壇に立てますか。

日本語教師養成講座の内容は学校により様々です。目的は日本語教師として教壇に立つことですから、理論の学習はもとより、実技の実習が重要になってきます。日本語教師養成講座を修了しても、すぐに教壇に立てない講座が数多くあります。今検討されている講座は180時間以上の実技の時間はありますか。

ポイント3 講座内容が一流ですか。講師はプロ中のプロですか。

日本語教師養成講座で使われているテキスト、講座内容は様々です。当校では、各分野のオーソリティが執筆し、日本語教育能力検定試験範囲も網羅しているアルクの「NAFL日本語教師養成プログラム」を使用してます。

ポイント4 受講料は適正価格ですか。

受講料は早期受講申込割引適用で530,000円の低価格を実現しています。これは宣伝広告費に極力費用をかけず、校舎は自校所有である為、受講料に還元出来ました。一人でも多くの人が、日本語を学びたい世界の人たちに貢献できるよう願っています。
受講料の比較

ポイント5 遠隔地の方も安心して宿泊できる寮がありますか。

地方都市で日本語教師養成講座を開設している学校は数が限られています。個室の備品も整い、学校から徒歩で10分と近く、遠隔地の方も安心して宿泊できる寮は大きなポイントとなってきます。
校舎・施設